売れると売るは違うっていう話

この歳になっても、まだまだ気づかされる事ってある。
物理的に「知識が増える」という事ではなく
「考え方が改まる」という点での「気づき」である。

忘れないうちに留めておきたくてブログに。

とある全国区の会社で働いていてトップセールスを叩き出す営業マンと打ち合わせした。
比べてわたしは北海道で10人規模の会社で働くチーフディレクターとかいうかっこつけの肩書きをぶら下げて毎日向き合っている。
そんなかっこつけの肩書きだけれど、わたしにはわたしの自信もあり、過去10年間同じ業界同じ職種で積み重ねてきた経験は周りに何を言われようともなんとも思わないぐらい強固な意志を紡いでいる事に間違えはない。

タイトルに据えた「売れると売るは違う」

これが全ての結論になるのだけれど、
先の営業マンが提案している商品についてわたしは
「これはお客さんが本当に欲しいと思うのか」という視点での意見を述べていた。

わたしの思考は「この商品は売れる商品なのか。売れる商品にするためにはこういうクオリティまで商品価値を持ち上げ、希望価格でどうやったら売れるのか」と考えていた。
しかし彼は「そういう視点って大事だよなあ。僕は基本お客さんが欲しいとか欲しくないとかじゃなくて、市場分母の2%でも売れればしっかり利益なるって考え方で、市場規模が全国何十万人という人が分母だと考えると売れない商品でも利益はあがるって考えが出ちゃうからなー」と言ったのだ。
(あくまでわたしがいる業界での話なので、この話がどんな職種にも当てはまるとは言いません)

この感覚。最初は受け入れ難いものがあった
「いやいや売れない商品を考えるのはしんどいんだけど(怒)」とくってかかった事もある。

でもその人としばらく話をしていて、自分の疑問点も感情論もいろいろぶつけて話し続けてみたら気づいた事がある

"この人、言ってる事に矛盾はない"

利益を追求する努力というのは、立たされている規模によって考え方が変わるという事を体で覚えた感じがした。
札幌市規模で、北海道規模で今まで仕事をしていたわたしは勝手に市場の分母とお客さんのお財布事情を把握し、ピンポイントで"売れる"商品を提案しようとしていて、
彼は札幌の規模であれ、全国の規模であれ考え方は一貫していて
"売る"ための手法と全体の皿の大きさを最初に見据えて話をしていた。

これからもあくまで"売れない商品"を作るつもりは毛頭ない。
けれど、売る人に、その人が考えるお皿の上で出来うる全力を注ぐだけで
売れない商品は売れる商品に変わる。

売れないと踏んだこの企画にわたしは全力で向き合ってみようと思う。
そういう意味では少なくとも彼の言葉が信頼に足る説得力に満ちているかどうかというのが鍵であり、営業とはそういうマルチなものの考え方が特殊スキルとして必要だと改めて感じたりした。

 

 

------------------
本日の作業用BGM

youtu.be

歯医者

突然だけど、会社の規定検診で歯医者で診察を受けた
近所の小さい家庭的な歯医者で受診した
半年ほど前、とても設備も整った綺麗なセレブリティな感じすらする歯医者にちょっとした違和感で行ったのだけど、
その時のことと今回の歯科医院と大きな差があったので記録する

まず、わたしは今まで一度も虫歯になったことがない
厳密に言うと小学校の頃の検診の際「虫歯がある」と言われ
歯医者が怖くてそのままほっといたら1年後の同じ検診で
「虫歯なくなった」と言われたことはある
とにかく、虫歯の治療はしたことがない

半年前に歯科医院へ行った理由は右奥歯がズキズキする感覚がありよくわからんし初めての虫歯かな?と思い通ったのです
結論、虫歯ではなく親知らずがぶつかってる系でした
痛み止めの処方でその時は済みました。が
歯周病やらなんやらでいろいろと指摘を受け
これから頻繁に通わなければならないという少し押し売りのような感覚を覚え、次の受診をキャンセルしていました
それでも「ああわたしの口内は今結構やばくて虫歯じゃなくても通わなきゃダメなんだなあいやだなあ」と思っていて、そのこともあって今回の検診でもいろいろと言われるんだろうと覚悟して行ったわけです

入り口から入ってからすでにもう「古い歯医者」感が満載で最近の若者でおしゃれや流行や清潔感を重視する女の子たちからしたら「こんな歯医者いやだ」と言われても仕方がない風貌の歯科医院。
結構なおばあちゃんが診察を受けていて、待ちのお客さんはいない
割と不安な気持ちになっているところ、名前を呼ばれ診察台へ。

話が長くなるので結論だけ言おう。

歯周病?まああるけど、まず歯石取ろうか。あとは美しい健康な歯です」

以上でした。
素直にわたしは歯石を取りにこの先生のところへまた来ようと思ったのです。
理由は
「お金のにおいがしない会話」であるということ。

待合室で待ってる時目にした掲示物に全てが詰め込まれていた。

「患者の皆様へ
最近の不況はわたしも肌で感じております。
お金の問題で辛い気持ちを我慢してるのなら
まずは相談してください。
あなたの周りの方で悩んでる方がいたら
あなた自身が相談してくれても良いのです」

的な内容でした。

つまりお金がなくて治療ができないなんてこと言わないで
まず話ぐらい聞かせてよ

というスタンスをわざわざ長文で掲示してあったのだ

大抵こういう先生は嘘を言わないし、過剰な診察もしない。
(どの病院の先生も嘘は言わないというのは前提)

普段通い慣れない歯医者さん
歯石取りに来月あたり再度診察をしてこようと思います

2017 HAWAII


1月
友人の結婚式という目的があり、ハワイへ行ってきました。

初めての国。気候のこと言葉のこと食べ物のこと物価のこと。
いろいろ不安はありました。
結論から言いますと

「ああ、そりゃあまた来たいって思うよねこれは」

これに尽きます。

道民のわたしにとってはまるで天国のような場所です。
沖縄とかに行っても同じ感覚になるかな?とも思うのですが
そもそもハワイはアメリカ。
その点も含めて「また来たい」と思える場所でした。

写真とともに記録してみます。
(写真に対して上に写真タイトル下に注釈を入れます)

<初日トロリー乗車中>

f:id:ietara:20170308164835j:plain

飛行機を降り、ハワイを肌で感じた瞬間、
身体中の穴という穴が一気に欲しかったものを吸い取ったような感覚になった。
札幌はマイナス気温で乾燥気味。
しかし1月のハワイは(わたしが滞在していた期間は)快晴高温低湿。
最高気温が28℃最低気温が10℃
まさに道民歓喜!!

<くるま>

f:id:ietara:20170308164856j:plain

ハワイ到着後、少し街を見渡して犬一番に思ったこと。

ピックアップトラック多すぎ!」

まあ男前なゴッツゴツなピックアップトラックであふれている。
そしてどれもこれも個性的。期間中かなりの台数カメラに収めました。

カメハメハ大王像>

f:id:ietara:20170308164922j:plain
初日はべたな像を見て、モヤさまでおなじみヌシカンさんがいらっしゃる出雲大社に行きました。
カメハメハ大王がこんなにも地味だなんて。お昼頃の写真だとこのように光が入らず地味さに拍車がかかっておりました。

<デュークカハナモク像・ワイキキビーチ>

f:id:ietara:20170308164948j:plain

f:id:ietara:20170308165013j:plain
所謂ハワイ感満載のワイキキビーチ
このビーチ、白い砂浜、溢れる観光客まさにハワイだひゃっほー!な感じですがここの砂は実は本国アメリカから運ばれてきてここにあるらしいです。
元々ビーチなんてなかったけど観光客呼ぼうぜってことで砂浜を人工的に作ったビーチだと現地の方が教えてくれました。
聞く前はテンション上がってたけどそれ聞いてから割と興味が削がれた場所でした。
ちなみにワイキキビーチ前にあるごつっとした岩がいくつか祀られてるところはかなりスピリチュアルなスポットらしいので行った方は是非チェック。

<マカプウ・ヘイアウ(ツアー)>

f:id:ietara:20170308165034j:plain

ここからは「ハレイワ星空ツアー」というオプショナルツアーの写真になります
一人$165で1日いっぱいハワイのメジャースポットからマイナースポットまでスピリチュアルな場所を見せてもらえるツアーです。
スピリチュアルだと言われる岩そのものとかは個人的な気持ちもあり写真撮影はほとんどしてません。周りの風景が多め。

f:id:ietara:20170308165059j:plain

ハワイ滞在中、大活躍してくれたKEENのUNEEKシリーズの靴(サンダル)
通気性もよく、窮屈さもなく常に足にフィットしてくれた相棒です。
これで山も登りましたが足が疲れるということは一切ありませんでした。
この旅一番の功労者です。

f:id:ietara:20170308165122j:plain
やっぱりくるまが男前

<ドールプランテーション(ツアー)>

f:id:ietara:20170308165147j:plain

f:id:ietara:20170308165208j:plain
このツアーの楽しみの一つでもあったドールのプランテーション
ここでは様々なグッズ等がかなりの規模で売ってました。
お決まりですが、パイナップルアイス。
無駄な甘みは一切なく、パイナップル全開の爽やかなソフトクリームにまるで酸っぱくないパイナップルがたっぷりのったカップです。
とってもとってもおいしい。一番小さいサイズでも二人で食べて多いなと感じるぐらい
ずっしりとした容量です。

<マラサダ(ツアー)>

f:id:ietara:20170308165227j:plain

噂には聞いておりましたが、ハワイのマラサダ。うんまい。
あんこが入ってないあんドーナツ。
ふわっふわの生地、カリッカリの外側、そしてふんだんにまぶされている砂糖。
一口食べたら某グルメレポーターの顔が思い浮かび、宝石箱開きかけました。
撮影している場所はワイアルア・コーヒー・ファクトリー、ノースショア・ソープファクトリーになります。
ここのコーヒーもコナコーヒーではなくこの場所ならではのオリジナルコーヒーでとてもいい匂いでした。
お隣のソープファクトリーも行ってみたかった場所でここで買った石鹸がとてもいい石鹸で洗顔として使用して2ヶ月ほど経ちますが、かなり肌の調子が良いです。もっとたくさん買えばよかったと後悔。
どちらももやもやさまーず全開でした。

<バランス・ロック(ツアー)>

f:id:ietara:20170308165249j:plain

f:id:ietara:20170308165306j:plain

こちらもスピリチュアルスポット。
絶妙なバランスで積み上がっている2枚の平べったい岩がある場所です。
写真撮影はまあいいけどそれをSNSやこういうブログに載せるのはNGですよとスタッフの方に言われました。
この場所の雰囲気はハワイ滞在中のなかでも1、2位を争う美しさでした。
夕日と広大な大地と海。
ここでツアーでもらえるブレスレットを配っていただきました。
石にはペリドットの石が使われております。
ダイヤモンドヘッドがなぜ「ダイヤモンド」と言う名前が付いているかというとダイヤモンドヘッドに最初に(?)登った人が山の岩肌を見て

「キラキラしてるのが見えるけどこれなんだ?」
「え?ダイヤモンドじゃね?」

となってダイヤモンドヘッドと呼ばれるようになった(スタッフさん説明)
しかしその「キラキラしたもの」はダイヤモンドではなく「ペリドット」という石のきらめきだったということらしいです。
個人的に嬉しかったのはこのペリドットという石、8月の誕生石なのです。
わたしは8月生まれ。ドキドキしました。

 

<アリイ・ビーチ・パーク(ツアー)>

f:id:ietara:20170308165325j:plain
あまり観光では訪れる人は少ないビーチだそうです。
カメ(ホヌ)が見れると書いてあったけどどうせ見れないんだろうなとナメてたら

スタッフさん「あはい、いますねえ」

普通にいます。
わたしの視界の範囲で2匹はいました。
かなり大きいのです。
ハワイでカメを見つけても、決して触ってはいけません。
ハワイでは野生のカメに素手で触れることは犯罪になります。
本当に警察に捕まります。
日本人でも過去に2人がっつり捕まってます。
(カメに乗りかかって写真撮影をした人とカメの背中に立った人がいたそうです)
普通に銃向けられるそうです。ドラマだけじゃないのです。
半径3メートル以上近づかないというルールのもと、撮影をしております。
カメの皮膚はとてもデリケートらしく人間の体温で触るだけで火傷や感染症にかかるとのことです。知らなかったです。

<ハレイワ(ツアー)>

f:id:ietara:20170308165352j:plain

f:id:ietara:20170308165414j:plain

f:id:ietara:20170308165432j:plain

f:id:ietara:20170308165451j:plain
ハレイワの町で自由時間が1時間ほどあったので散策。
ワイキキの華やかな雰囲気よりわたしはとても好きでした。
セレクトショップも多く、ここでしか買えない雰囲気のアイテムが多かったです。
ただハワイのこういうショップはとにかく「安くない」
made in hawaiiを探すけどまあお高い。ポストカードを購入し、あとはウィンドウショッピングでした。
途中イケメンわんちゃんを発見。現地の方が飼い主さんでとても緊張したけど写真撮影の許可を頂き、少しだけ触れ合ってきました。
見た目とは裏腹、とっても甘えん坊くんでしゃがんで見てたわたしの肩に顎を乗せてきてくれた時は発狂しました。くそかわいい。
ここで夕食になりまして、ガーリックシュリンプを注文。
ご飯に合うエビ料理ってエビチリでもギリだなと思ってたけどこれは間違いなくご飯に合うものでした。ガーリックシュリンプおいしいです。

<ダイヤモンドヘッド登頂>

f:id:ietara:20170308165517j:plain

f:id:ietara:20170308165539j:plain
日にち変わって、ダイヤモンドヘッドに登りました。
全部で2時間ほど歩けば頂上につけるので結構ラフにチャレンジしてもいけそうです。
山中すれ違った人たちのなかではヒールで登ってる人、つっかけサンダルで登ってる人、子供抱きかかえながら登ってる人もいました。(わたしにはできない)
ある程度登ってきたなーと思った時、何やら建物のなかに誘導されます。
そこで待ち受けているのは。
この階段。
正直「はあ?」ってなったけどせっかく来たので気合いで登る。
途中までは楽勝かと思ったけど最後の10段ぐらいで漫画で描いたみたいな汗でました。
そんなわたし殺しの階段を登りきり、よしもうすぐだろう!と思ったら試練は突然訪れました。

この階段を上った先、進むと真っ暗な螺旋階段が出現。
階段スカスカバージョン。
oh my god
わたしは高所恐怖症。特にこういう高い階段スカスカバージョンが本当に、本当に苦手です。
友達に叱咤激励されながら、泣きながらとても長い時間をかけて登りました。
最後の1段登りきった時、まわりの方々から拍手されました。暖かいわあ。。
「すいませんすいません」と頭をさげつつ、いざゴールへ。

人で溢れかえっている展望台から見える景色は。
もちろんブルーブルーブルー!
とっても綺麗でした。
帰り際、階段を撮影していたら、黒人さんが気を使ってカメラに映らないように
してくれていたけど、すんませんがっつり写ってます。笑
この写真結構お気に入りです。

<PIONEER SALOON PLATE LUNCH>

f:id:ietara:20170308165558j:plain
ダイヤモンドヘッド登頂後、ワイキキに戻る前にランチ。
日本で前もって調べていたお店へ。
このお店があった近辺も田舎町風でとても好きでした。
このお店はお客さんのほとんどが日本人。がっちり日本語も通じました。
この写真のお弁当で$14
あの質量のステーキ食べたと思うととても安く感じました。
無論、おいしいです。

<ホノルル>

f:id:ietara:20170308165639j:plain
ワイキキビーチ前にあったアザラシと見つめ合うサーファー像

f:id:ietara:20170308165658j:plain
この木、なんていうかわからないけどホノルル動物園あたりから結構みかけました。
生命力ががっつり感じられて異国感満載で、好きでした

<宿泊先:ホリデイインリゾート ワイキキ ビーチコーマー>

f:id:ietara:20170308165722j:plain

f:id:ietara:20170308165748j:plain

f:id:ietara:20170308165804j:plain

f:id:ietara:20170308165824j:plain

f:id:ietara:20170308165842j:plain
宿泊先のホリデイイン。とてもいいホテルでした。
金額もそこまで高くなく、最後のサービル料も別途で取られることもなく日本語も通じ、とても快適でした。
このホテルと繋がっているカフェがとてもオシャンでした。
いい意味でも悪い意味でも"日本人が憧れるっぽい"
ここのアサイーボウル、めちゃくちゃおいしいです。
アサイーのあの味ってちょっとクセがあってどっちかといえば好んで食べない方なのですが、もう率先して食べたくなる味でした。
上にのってるフルーツの甘みも日本とは全然違うように感じました。

<アラモアナショッピングセンター>

f:id:ietara:20170308165901j:plain
ハワイの三井アウトレットーパーク(規模は比べものにならんぐらいでかいけど)
名だたるブランドショップがずらずらり。
わたしもここではいつも使ってる化粧水なんかを日本で買うよりも安く手に入りました。

チーズケーキファクトリー

f:id:ietara:20170308165918j:plain

f:id:ietara:20170308165932j:plain

f:id:ietara:20170308165945j:plain
最後の夜は、外食です。
写真はマッシュポテトとマカロニチーズ
サイズは大きめです。
そして味は
"塩分過多ありがとー!""ケチらないチーズの量ありがとー!!"
という感じで、わたしにとってはこの上ない至福の味でした。
最後にチーズケーキも注文しましたが、これもまたたまらんのです。


自分の記録用にと思って書いてみたけど膨大な量になってしまった。

ぜひまた訪れたい国です。
ハワイ、とても良いですよ!


ブログタイトルを変えたこと

ブログタイトルを変更した

「自己満足」
まだ仮タイトル。前回のブログから結構色々書きためてみたのだけど
振り返るとやっぱり違和感。
これなんのためにやってるんだろうと。

普段から自分のことって聞かれない限り自分から出さないため
こういうアクションが自分にとって難しいことだということを思い知っている。
誰のために何のためにが伴ってないと体が動いてくれない。

なので取り急ぎ「自己満足」とさせていただきました。

誰のためでも何のためでもないただの自分の自己満足。

今はそれでいいかなと。

今年の目標にある「ブログを続けてみる」というのをきちんとやり続けたい所。

次回はこの2ヶ月で行った「ハワイ」と「韓国」について書いてみようと思う。

f:id:ietara:20170107183617j:plain

 

あけましておめでとうございます

2017年始まりました。

毎年仕事初めの日、社員全員で近くの神社へ初詣へ行くのですが
今年のおみくじは「吉」
内容はまあまあ相変わらず色気のない内容でしたが
わたしがぐっときたのは、おみくじに書いてある「なんかわかんないけどいい言葉」のところです。

 

写真の通りですが、書き出します。

 

"最初から最後までやり遂げた者だけが得られる経験が必ずある。
途中で諦めてしまうのは、今までの努力を無駄にているのと同じである。
故に自信が一度「やる」と決めたのであれば、最後までやり遂げるべきなのだ。"

ごもっともな内容です。
ごもっともな内容なんですが、いざしっかりと言葉にされると改めて気づかされることも多く、今年の自分をなんとなく後押ししてくれているような気分になったため
このおみくじは神社に残さず、持ち帰り手帳に貼っておきました。

今年はわたしにとって「新しいことを始める」1年になります。
本当の意味でプライベートがなくなると思っています。
それでも目の前に突然現れた「マネージャー」「プロデューサー」という役割を度肝を抜くスピードで演じきってみようと思います。
(ポイントはなってやろうではなく演じきってみよう)

いつになっても現れる強敵にも見える目標に感謝して
また毎日を楽しみたいと思います。



2016

f:id:ietara:20161223121421j:plain

 

じっとり重みのある雪が玄関前にそれはもう綺麗に積もっていて
しとしとと降り続く空模様を見上げ、ゆっくり深呼吸したあと心の中で

"神は道民を殺しにかかっている"

と思った2016年12月23日です。


今年も残す所あとわずかです。

2016年のわたしはどんな"自分"だったかなあと振り返ってみます

目に見えることから。
わたしは毎年1月1日に1年で達成すべき目標や欲を紙に書く。
今年は全部で18個の目標や欲しいものを並べた。
結果やりきった、叶えたことは「9個」
わたしがいつも着目するのは叶えられなかった事項の共通点だ。

そもそもこのイベントを個人的に毎年やってる理由を先に綴っておくとします。

6年ぐらい前、今の社長とまだ別の会社で働いていた時。
今の社長に、自分の欲求や願い事を100個書いてこいと言われました。
素直にその宿題に向き合ってみると「100個もないな」という所にいきつきます。
それでも叶おうが叶わなかろうがおかまいなしに書いてみました。

それを持って社長へ100個書いた旨を伝えたら

「その紙持っておけ。で次の年の同じ日にもう一度みてどれくらい叶ったか確認しろ」というのです。

何言ってんだと思いましたが社長は続けて「意識して過ごしてみろ」と言いました。

わたしは少なくとも一度書き留めたこと、特に強く思っていることをたまに意識をして1年を過ごしてみました。
それに向かうために努力をしたわけではなく"意識"をする程度です。

1年後、言われた通りわたしが書いた100個がどれくらい叶ったか確認しました。

見事に意識していた目標を叶えていました。
そしてお金持ちになりたいは叶わなくても給料をあげたいは叶っているのです。

その時わたしは社長の言っていることもわたしが何をしなければならないのかもわかった気がしました。

これは毎年やろう。

それから毎年やっている行事なのです。


今年の達成内容等に戻ります。
実際の内容を恥ずかしいが少しだけ出してみよう。

叶えたこと(抜粋)

・海外旅行の計画(これは友人の結婚式出席のイベントで叶う)
・展示会の企画をする
・TODOをためない
スマホの料金を下げる
・手帳に細かくなんでも書き込む
バイクの後ろに乗ってみたい

叶えてないこと(抜粋)
・毎月1冊絵本を買う
・早寝早起き
・毎月◯万の貯金
・家のDIY
・体重◯kgを下回ってる状態をキープ
・車の運転に慣れる


叶えたことはラッキーも含まれているので意識せずに得たものもあるけれど
基本的に「具体性」があったと思う。
希望を紙に書いてる段階で頭の中にビジョンがあったと言うか...
そして叶えていないことについては実際には自分にとってはどうでもいいことが多い。
あわよくばそうなればいいな程度。

ここでさらに叶えていないことで来年の目標に掲げる項目を探す。
そして初めてどうしなくちゃいけないんだという「ビジョン」が生まれる。
早寝早起きはなんのため?貯金って実際本当に可能なの?
過度なダイエットって本当に必要?(←必要 笑)

何事にも目標に向かう姿勢が必要。
単純に「◯◯だったらいいなあ」なんていうのは考えるだけ無駄で
そういう言葉を発した時点でその「◯◯」は叶わないこと確定なのだ。

わたしは◯◯をやる。と決めてそのためにどうするかを考えることで
達成できるというわけです。

これは仕事でも私事でも同じだと思います。
こういうことを自然にできてる人はしっかり出世しています。

2016年わたしが叶えた一つ「展示会の企画」
今年はSYAKE展というオーソドックスであり奇妙なタイトルで
たくさんの方々のご協力のもと、今までで一番ピントのあった展示会を開催することができました。
今日の1枚はSYAKE展の時に作ったわたしの作品です。

達成することの先に新しい自分や新しい未来が生まれている。
そう思って今年を終えます。

来年の自分がまた楽しみです。


自己顕示欲

SNSはバカ発見器という言葉に共感する事がある。

 

タイムラインというタイムマシンをたどる事でその人がどんな人かは大体わかってしまう時代です

 

あえて自分のことは棚に上げよう

(blogなんてものをしたためてるお前はどーなんだと言うのは聞き飽きてしまうので)

 

先の「バカ発見器」と言うのは最終的な話であって極論だ。

わかりやすく噛み砕くと「さみしんぼう発見機」「自己中発見機」とうい具合だろうか。ナルシストというのもわかりやすい。

 

わたしを見てくれ!知ってくれ!認めてくれ!羨ましがってくれ!カモンいいね!!

 

こういうのが画面いっぱいに圧かけてくる人と仕事や友達として付き合うとわたし個人とは肌が合わない事が多い。というか100%合わない。

 

別に投稿するのはいい。見ていて楽しいし。

ただ、押し付けてはならん。

たまの押し付けは許容範囲でしょう。

ここでポイントなのは毎日懲りずに何度もその類のアピールがあること。

 

Facebookは大分落ち着いた、と思ったら今度はInstagramが侵されて行く。

魔法の手法、タグとやらを引き連れものすごい勢いでアピールが始まる。

知り合い以外非公開派のわたしには出来ないことだ。

 

ある意味すごいなとすら思っている。

毎日わたしにはない出来事をアピールできるだけ持っているのだから。

そしてその投稿をちゃんと閲覧しているわたしがいるのだ。

 

なので、否定はしない。

素敵なことだと思う。しかし、たまには人の気持ちになってみてもいいのでは?と思うところです。

 

-----

久しぶりの長風呂が暇で文字を打つ。

自己顕示欲だとは思わないけど、わたしの中でストレス発散に近い感覚があるという事はこれも結局自己顕示欲という事なんだろうな。

誰かが見るかもしれないから書いてるのだから。